読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコナセイカツ

不要なものは持たない、不要な家事はやらない。日々シンプルライフ。

スポンサーリンク

働くママのための時短術

現在タウンワークマガジンで「働くママのための時短術」を準備篇とやりくり篇の2本立てで掲載していただいてます。

hiroshihayashi

準備篇 townwork.net

やりくり篇 townwork.net

タウンワークマガジンを運営しているリクルートさんとは本業の仕事でガッツリおつきあいしていたので、まさかの逆依頼のお仕事でした。

編集部の方からは、ワタシの本業を知らずにお声がけいただいていたので、お会いして「実は...」と会社の話をしたときは大盛り上がりでした。

名刺交換も本業の会社の名刺をお渡しして(笑)リクルートの編集の方は、激レアバイト担当だったのでいつかワタシのお客様とコラボ企画ができたらいいなぁ〜とか。

townwork.net

お世話になったリクルートの恩師にも、執筆の方でリクルートからお仕事いただいたんですよーとご報告。

働くママを応援できるテンションの上がるお仕事でした。

ここから本業の仕事っぽくなっちゃいますが、タウンワークの魅力をお伝えします〜

タウンワークって学生バイトのフリーペーパーのイメージな気もしますが、実は今仕事を探している主婦のための求人誌にも変化しつつあります。

アンケート調査から浮き彫りになってきた働きたいという意思を持ちながら、働けていない育児中の主婦が、約170万人もいるという事実。

詳細データはこちらから。リクルートジョブズ | リクルートホールディングス - Recruit Holdings

そんなママは自分に合った仕事を選ぶために「タウンワーク」を利用してもらいたいと思っています。

townwork.net

タウンワークの想いは、「就業を望む主婦の方たちが自分に合った仕事を選び、更にイキイキと輝いていける社会を創りたい」ということ。

現在、働きはじめたいママを応援する「ママのお仕事探し応援マガジン」が全国のセブンイレブンのラックに置かれています。ぜひ、就業に迷われている方は、お手に取ってご覧いただければと思います。

リクルートは現在グループをあげて主婦の方の多くの「働く」を生み出しています。

たまにブログのコメントで、エコナセイカツを読んで働きたくなり、仕事はじめました!という報告をいただくのですが、同じ働くママ仲間が増えてとっても嬉しいなーと思うのです。

そして、働くママを全力で応援している企業、とっても素敵です。 リクルートは、子育てしながら働き やすい世の中を、共に創るiction!(イクション)プロジェクトをはじめています。

●イクションの3つの注力テーマ

(1)妊娠・出産時に辞めなくてすむ

(2)育児と仕事の両立によるストレスを減らす

(3)無理なく始められる仕事をつくる

これが今回のタウンワークのママ応援企画と大きく関係しています。

ちなみにイクションの考え方、ワタシと~っても好きです! みなさんで一緒にこんな世界を作っていけたら幸せかも。

f:id:econaseikatsu:20161116121709j:plain

今後もリクルートが提案する新しい働き方から目が離せないんです。

例えば、ZIP WORKER という働き方をご存知ですか?

時間が限られていても、あなたが身に着けたスキルや能力を活かし、あなたがあなたらしく輝くことができるリクルートが作った新しい働き方です。

www.r-staffing.co.jp

スキルや能力を持ってるのに活かせないなんて実にもったいない。成果を生み出せる人に機会と適切な評価を。短時間でも成果を求める企業に人材を。

そんな社会になることを願っています!

こちらは働くママ、働きたいママ向けにリクルートが出してるお役立ちサイトなのですが、これから復帰する予定の方やワーキングマザーの方には有益な情報がたくさん掲載されていると思います。

調査・イベント・読みもの | iction! | リクルートホールディングス - Recruit Holdings

出産後働くって、未知の世界だから不安ですよね~

でも大丈夫です!

みんな働くママを応援しているんです。ワタシもその一人です。

本当に色んな働く人、働く場所、働き方が存在します。

ママだからって気負いすることなく仕事を通して幅広くチャレンジしてもらえたらと思っています。

ーーーー

今回の時短術は料理にフォーカスしていますが、私は料理が嫌いです。 美味しいものには貪欲に生きたいと思っているのですが、なんせ調理がめんどくさくて。

でもレタスクラブの「しなくていい手間省きました 楽うまおかず」は見習いたいプロのテクニックが満載でした。

出汁とらなくていいんだー、灰汁とらなくていいんだー、切らずにまるごともありなんだーなど、思い込みって怖いですね。やらなくていいことだらけのスゴ技が炸裂していました。

今発売中の12/24増刊号のレタスクラブの特集が最高に良かったです。 スヌーピーのトートは長女の図書館バッグになりましたが。

忙しい人こそ読んでもらいたいし、このしなくていい手間を覚えると料理のハードルはぐんと下がるだろうなぁーと思っています。

↑こちらはお得な電子版