エコナセイカツ

シンプルライフ研究家マキが綴る、不要なものは持たない、不要な家事はやらない。日々シンプルライフ。

スポンサーリンク

掃除はキライ。でもキレイな部屋は好き。

シンプルライフ講座、受付中!

ワタシが講座や本の中でよく伝えている言葉があって。

「掃除はキライ、でもキレイな部屋は好き」

 

掃除が趣味じゃないからそんな時間があるなら、自分の好きなことをしていたい。でも、部屋がキレイな状態のほうが気分もいいし、落ち着いて過ごせます。

f:id:econaseikatsu:20190412080440j:image

このジレンマをなんとかしたいと思ってはじめた「無意識そうじ」。

色々経験して自己分析した結果、ワタシは「掃除しよう!」って気合い入れるのが1番苦手なんだなと思いました。

歯みがきをするとか、お風呂に入るのと同じ感覚で、掃除も毎日なんとなくやってしまうまで無意識レベルに落とすことにしました。

 

なにをどう無意識に掃除してるか、詳しくはLEE5号の52ページ別冊付録『1日5分できれいが続く!「ためない掃除」完全版』にまとめていただきました。

f:id:econaseikatsu:20190412080729j:image

詳細チラ見せ↓

lee.hpplus.jp

今回、掃除ヲタクの藤原千秋さん(藤原 千秋 All About)との対談でたくさんの気づきをいただきました。ラクしたいというゴールは一緒だけど、アプローチが真逆すぎて、読み応えアリ。巻頭インタビューのページでは、ワタシが日頃から思ってたことを言語化してくれて、ほんと嬉しかった。

f:id:econaseikatsu:20190412085426j:image

この日、色々な質問をうけてわかったこと。それは自分の中で料理と掃除の境目が“ない”ということ。それだけ無意識に掃除してるんですが。

わかりやすい例えでいうと、料理中にフライパンから飛び散ったソースを拭く行為。これって料理?掃除?って感じで、料理の中に掃除も入っちゃってる状態なんですよね。

 

美味しいものを食べたい!

キレイな部屋が心地いい!

 

それを叶えるための料理や掃除であって、家事という名前に躍らされすぎてませんか?って言いたい!!

f:id:econaseikatsu:20190412090214j:image

藤原さんが言ってくれて、めっちゃ共感しましたが、みんな家事をおおごとにしすぎ(笑)

家事はゴール(心地いい暮らし)にたどりつくための手段だと思って欲しいなーと思います。

 

掃除含め家事全般がどんだけキライか(でも家族にはバレてない、ちゃんとやってる風にみえるからw)、コジカジさんに取材していただきました。でもキライって嘆いてても始まらなくて、自分とか家族が心地いい状態を作るためにどうしよう?って考えることが大切なんだろうなって思います。

cojicaji.jp

他にも家事にまつわるお役立ち情報や小ネタがたくさん掲載されてますので、ぜひ読んでみて下さ〜い!コジカジ | あなたのおうちの"居心地よさ"をつくる家事メディア

f:id:econaseikatsu:20190412091028j:image