エコナセイカツ

シンプルライフ研究家マキが綴る、不要なものは持たない、不要な家事はやらない。日々シンプルライフ。

スポンサーリンク

マジックソープで持たないシンプルな暮らし

「やめていい家事で豊かになる暮らし」講座、ただいま全国で受講受付中!

以前もマジックソープを愛用していたのですが、ちょっと前からまた使い出しました。

econaseikatsu.hatenadiary.com

まだ消費税が5%のときの記事で、マジックソープをガロン買いしてた頃。なんか昔のブログを見ると恥ずかしさ満点。

洗濯洗剤を粉石鹸にかえたことで、今まで使っていたパックスナチュロンを買わなくなったというのもあるのですが、日焼け止めクリームが落とせるもので顔や体を洗いたくなったという理由でマジックソープを再開しました。

今回、マジックソープとのタイアップで今月号のリンネルに掲載していただいてますが、広告代理店の方からお話を聞けば聞くほどすごーくいい商品だということを知ることができました。

マジックソープは、ドクターブロナーという、オーガニックでフェアトレードの原材料を使用している、人や地球に優しい製品を生産している会社が作っている商品で、合成洗浄料や強力な化学薬品は使用していなかったり、生分解性で、動物実験も行っていないそうです。

ワタシは、マジックソープならメイクも日焼け止めもカラダも洗えるから、お風呂場に置くの1本で済むじゃん!という不純な動機だったのですが、コレを選んで良かったと思えるちゃんとした商品でした(笑)

詳しくはこちら→ドクターブロナーについて | ドクターブロナー マジックソープ日本公式サイト

我が家の使い方は、4通り。

1.洗顔

2.メイク落とし&日焼け止め落とし

3.ボディソープ

4.ハンドソープ

夏なので洗い上がりスーッとするペパーミントを使っています。

お風呂場にこれ1本で、というか、マジックソープを1回手にとっただけで、顔からつま先まで洗えるってなんて時短なんだろうと思ってます。

メイク落とし、洗顔、ボディソープって3種類持ってたら、3回洗ってすすいでを繰り返さなきゃいけないですし、約3倍の時間を要するということです。

お子さんがまだ小さくて手がかかる方だと自分のことは1秒でも早く終わらせたいですもんね。

オットもマジックソープの洗い上がりがとっても気に入ったようで、ボディソープはこれにしよう!と我が家の定番化入りになりました。

広告代理店さんのご配慮で今回色んな香りを試すことができまして、意外とお気に入りだったのが、ローズ。

ワタシはバラの人工的な香りが好きじゃなくて、ローズは避けていたのですが、マジックソープは天然のローズだから、嗅いだ瞬間「んっ?なんかの花の香りかな?」ぐらいでローズっぽくなかったんです。

この香りを知ってこれこそが抽出された本物のバラの香りなんだ!と感動しました。

あとは、シトラスオレンジもフレッシュな匂いでした!子どもたちはお風呂中がいい香りになるので、シトラスオレンジが好きみたいでした。

帰ってから手を洗うのが楽しくなるようにハンドソープはオレンジの香り。子どもたちが使いやすいように容器は詰め替えました。

以前から使っていたラベンダーも安定の癒し系。定番のサイズは3種類。ペットボトルと比べてみました。

ワタシはマジックソープは液体しかないと思っていたのですが、リップやバームもお店とかに売ってるそうで。

バームの感じは以前手作りしていた万能クリームに似ていたので抵抗なく使えました。

econaseikatsu.hatenadiary.com

材料を揃えるのが大変と思う方はドクターブロナーのオーガニックバームがお手軽です。

旅行とかポーチにも入るサイズで持ち運びにぴったり!余計な成分も入ってないし、お肌に優しいから子どもと一緒に使えます。

リップはスーッと塗ることができるのに、もったり系でツヤもでるのでグロス塗ってる感じかな。だけど、ベタつかないところも良かったです。

無香料を洗面所に置いて、歯磨きの後にすぐ塗ることができるようにしています。安いから子どもにも遠慮なく使わせることができますし。

という感じで、我が家はマジックソープを取り入れ持たないシンプルな暮らしをしています!

ドクターブロナー様、この度はありがとうございました。

ーーーー

今回のリンネルは、スタジオでこんなステキな写真がとれたんです〜スタイリストさんが持ってきてくれたラベンダーとペパーミントの鉢はいただいて帰りました(笑)

スタジオ撮影の裏側。

広告代理店の人たちとリンネルスタッフで、この写真はどうとか、あーしたほうがいいとか話し合っている姿。

ワタシの本業の仕事はこっち側の人間です。こんな風にステキな誌面になるのは多くの人が頑張っているおかげ。撮られる側は指示に従うだけなのでこの時のワタシは何にも考えておりません(笑)

改めて、制作側の大変さを客観視しました〜(涙)

オットはいつもワタシが雑誌に載っていても見ませんが、リンネルで次女が載っていたので珍しくパラパラとリンネルを見ていまして、一言「リンネの人は前髪みんな短いんだね」と。突っ込みどころ満載で笑ってしまいましたが、そもそもリンネじゃないしね(笑)

まぁ表紙のデザインが付録に隠れて「ル」ないからなぁ。男の人ってそんなもんだろうな〜