エコナセイカツ

シンプルライフ研究家マキが綴る、不要なものは持たない、不要な家事はやらない。日々シンプルライフ。

スポンサーリンク

新刊「マキ流 やめていい家事」発売のお知らせ

「やめていい家事で豊かになる暮らし」講座、ただいま全国で受講受付中!

6月21日に「マキ流 やめていい家事」(宝島社刊)が発売になります。

f:id:econaseikatsu:20180619163449j:plain

家事本はゆるく暮らす [ マキ ]以来なので、実に1年ぶりです。我が家の最新情報を盛り込んだ家事全般を網羅している本になります。

最新本なので細かいところは、変わっていたりもしますが、私の考え方や軸、伝えたいことは変わっていません。

なので、内容もかぶるところもあります。一冊でも私の本を持っている人は、買う前に立ち読みしてみてくださいね〜いつもの本より大きめサイズで、本屋さんではムックコーナーに置かれているかもです。

「マキ流 やめていい家事」は4部構成になっています。

f:id:econaseikatsu:20180619160457j:plain

f:id:econaseikatsu:20180619160543j:plain

f:id:econaseikatsu:20180619160556j:plain

f:id:econaseikatsu:20180619160733p:plain

今回、私がこの本に込めた想いは以下です。

おわりに(一部抜粋)

人にはそれぞれ、ちょうどいい暮らしがあると思っています。

ちょうどいい、量。

ちょうどいい、時間。

ちょうどいい、やり方。

誰もが心地よく感じる瞬間を持っているはずなんです。

でも、この〝ちょうどいい〞を見つけることがなかなか難しいのです。

ちょうどよさが見つからない原因は、「見すぎ」「持ちすぎ」「やりすぎ」かもしれません。

「なんか違う」「しっくりこない」と、どんどん増やす一方になっている可能性が高い。

浴びる情報も、持っているものも、やらなきゃいけないことも多すぎるから、 毎日息を止めて全力疾走している感じなんだと思います。

今日で、もうそんな暮らしはやめにしませんか?

はじめはこわいかもしれませんが、この本を例にして、今持っているもの、今抱えてい る家事を含め、〝暮らしの無駄〞を、一度すっきりそぎ落としてみませんか?

大切なものは、ほんの少し。

それでもし、足りないと思ったら、そのときまた増やせばいいのです。

ちょうどいい暮らしを見つけるために、「やめてもいい家事」があることを知ってもら いたいと思ってこの本を書き上げました。

ーーーー

この本は、持たないていねいな暮らし [ マキ ]ぶりに、がっつり制作側に手を入れたというか、本を作る過程で、構成から赤入れをかなりしました。(編集サイドにはずいぶん苦労をかけました)

スタッフで意見を出し合い、よりいいものをお届けできるように。

初稿と三校がずいぶん違うのですが(笑)、何度も何度も練り直して、ギリギリまで納得のいく形を目指した本です。

まずは、こちらのチェックリストをご覧いただき、家事量を減らしたい方にみていただきたいです!

f:id:econaseikatsu:20180619184132p:plain

f:id:econaseikatsu:20180619184031p:plain

f:id:econaseikatsu:20180619184135p:plain

楽天ブックスはこちら→マキ流 やめていい家事 (TJMOOK)

よろしくお願いします^^