エコナセイカツ

不要なものは持たない、不要な家事はやらない。日々シンプルライフ。

スポンサーリンク

雑誌「tocotoco」掲載のお知らせと、夏のおでかけ事情

7月15日発売のtocotoco(トコトコ)vol.39に掲載していただきました。

トコトコはマザー&ベビーの雑誌なだけあって、WEBサイトも新米ママさんのための情報満載。

tocotoco web|妊娠~出産~育児まで雑誌tocotocoは子育てを応援します

なんかワタシが昔読んでたベビー雑誌とは全然イメージが違ってて、めちゃ誌面がオシャレ〜というか好み〜♡

特集は「親子で行きたい 旅・お出かけ」

夏休み目前!赤ちゃんと旅行デビューしたいと考えている方にはすごーく参考になりそうです。

ワタシの赤ちゃんと1泊旅行デビューは長女が7ヶ月ぐらいだった気がします。

当時より、今はずいぶん赤ちゃん歓迎の宿増えましたねぇ。オムツ用のゴミ箱がついてたり、大浴場にベビーチェアがあったり、離乳食が選べたり。

せっかくの旅行、快適に思い出作りして楽しみたいですよね〜

写真に残るから、そこそこオシャレしたい!でもメインは育児だから自分のことは後回しになりがち。旅行の準備も結構大変ですもんね。

そんなときは、maki and nest Robe が味方になります〜!!

1枚サラッと着てもらえれば、なんとなく決まる!この発想はかなり時短です!しかも上下バラバラに持って行くと荷物が増えますが、ワンピースなら1枚でも着れるのでかさばりません。宿泊先の浴衣が合わなければこの家じかん3wayドレスを着れば快適。

デイリーバッグを持ったら、このまま朝ごはんのバイキングも完璧ですね。

夏の定番、スニーカーやジーンズ、麦わら帽子にちょこっとワンピを合わせるだけでいつもとは違うオシャレさも出る気がします。袖口を1.2回折って少し短くアレンジしてもスッキリ着れます。

ゆったりサイズ&前ボタンで、妊婦〜授乳期のトコトコ読者さんにぴったりワンピース。在庫があるうちに気になる方は店頭でも!

家じかん3wayドレス new color* //|nest Robe ONLINE SHOP

そして、子どもがヨチヨチ歩きまわったらデイリーバッグに常に貴重品を入れて持ち歩いて下さい!

普段はもっと身軽ですが、デイリーバッグは結構荷物が入るので、旅行やおでかけのお供にも。

ネストローブのリネンのハンカチはアイロンいらずで本当に重宝。エトヴォスのリップはこのケース自体がなんとなくミラーになっているので、塗り直すときに便利。

日焼け止めサンプルとばんそうこうはカードポケットに忍ばせておくと安心。メンソレータムは蚊にさされたときに。

ファスナーを1回開けるだけで2つのポケットを同時に見渡せるようにしているので、何度も開け閉めしなくていいんです。ここにも時短へのこだわりが入ってます。

ワタシはカード入れのほうに直接お札と小銭入れ、ロゴがついてる外側にスマホやハンカチ、ボールペンなどお金以外のものを入れるようにしています。

夏のおでかけで、子ども用に買って重宝してるのがこの首ひんやりバンダナ。9歳長女が巻いてこんな感じ。ワタシだとギリギリ止められるぐらい。

水道水で冷やして首に巻くだけで1日中効果があります〜商品名「マジクール」まんま(笑)

色んな種類出てますが、マジックテープで一瞬でついて、短めが邪魔じゃなくて子どもの首のサイズぐらいのはこれが1番良かったです。

私服にも浮かずに馴染むのはネイビードットかな。

あ、ちなみに、ワタシが掲載されているページはとじ込み付録のような「HELLO BABY BOOK」という冊子です。産院に行くとこの冊子はフリーで置いてあるそうなので、気になる方はこの機会に子宮がん検診等の予約などしてぜひぜひゲットして下さいね。

あんずシロップの炭酸割りinペパーミント!見切品のミントを見つけたら贅沢に使ってみて下さい。

「すっきり暮らす人の生活クラブとの1日」で、ワタシがどのように生活クラブを利用しているのかを詳しく取材していただきました。

オススメの消費財のお話も!生活クラブ気になるよという方はこちらからどうぞ。

ーーーー

マイナビウーマンさんに掲載されてます。一汁一菜と、しない家事がトレンドらしいです!

マイナビウーマン 働く女性のマインド調査 約4割の女性が『ちゃんとしなきゃ』のプレッシャーから解放されたい|「マイナビウーマン」

自分の著書タイトルが巷で流行っていて嬉しいなぁと思いました。

マイナビウーマン』マーケター 桑野さんいわく、最近の「しない」ブームについて素敵にまとめて下さってます。

何をして何をしないか、何を買って何を買わないか。どこに力を注ぎ、どこで力を抜くのか。その審美眼を磨くことが、心地よい自分なりに洗練された生活への第一歩なのかもしれません。

すでに、「しない家事」をお読み下さった方はご存知かと思いますが、選択肢は自分にあります。1度きりの人生めいいっぱい楽しんで下さいね!