読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコナセイカツ

不要なものは持たない、不要な家事はやらない。日々シンプルライフ。

スポンサーリンク

オットはミニマリスト

持たない暮らし

ワタシのミニマルな生活はオットに影響されたといっても過言ではありません。

オットは俗に言うザ・ミニマリストだと思います。

まだミニマリストという言葉ができる前から制服化を取り入れてました。

洋服は、シーズンはじめにお気に入りを見つけたら、同じ形を数枚買います。

色んな面でワタシの物の持ち方は、オットの影響を受けています。

白は3枚あって、黒は1枚。黒はあんまり着ているところを見たことないけど、汚れてもいい日用なのかな。

仕事はスーツですが、休日はいつもこんな格好してます。

下着も靴下もユニクロで同じ形の色違いを買います。

靴は基本こればかり。柔らかい革で、走れるぐらい歩きやすい靴はお気に入りだそうです。

アサヒシューズの靴通販サイト「快歩クラブ」 | WB 006 ホワイト | アサヒコーポレーション

靴は家族で一番所有していて、他にビジネスシューズ4足、ナイキのスニーカー、冬用のショートブーツ、クロックスは各1足です。

また家電製品。オプションでついてくるコードや部品は即捨てます。

理由は、今使わないから。オットの頭の中には今後使うかもしれないという発想がありません。

オットチョイスのこの掃除機、アタッチメントの洋服用ブラシやホースは捨てました。

econaseikatsu.hatenadiary.com

もし使う日が来たときは、別売りしてるだろうから必要なときに買えばいい、今使わないのにこんな邪魔なホース取っておく理由がわからない。

だから今は持たないという選択。 とても潔いなぁと思います。

だから、あのとき捨てちゃったなぁ〜というコードだけをネットで注文していたりもしますが、本当にそんな機会はまれで滅多に訪れません。

確かに、もしかしたら使うかもしれないと思って取っておくスペースがあるなら防災グッズの一つでも置いてあったほうが役に立ちそうですよね。

そういう備えは大切にしていて、オットがもし亡くなった場合は、残されたワタシと娘が不自由なく暮らしていけるだけの生命保険には入っていたりします。

ワタシは保険に関して無知すぎてオットに丸投げなのですが、聞いたところによると生命保険(種類によりますが)は若いうち(20代〜30前半の健康診断結果が通った方)だと保険料が格安らしいですね。

役に立たないものを持つより家族愛が最優先。

ちなみにオットパジャマは娘たち。

オットがミニマリストなのは、生きていく力があるからだと思います。

今は現代社会の恩恵にどっぷりはまって快適な生活をしていますが、いざとなったら石で火をおこせるし、素潜りしながらモリで魚を捕まえられる人。

子どもの頃は、そんな遊びばかりしていたそう。オットのお父さんは自衛官だったというのもあると思いますが、生きるために必要な知識と実践力を持っていて、育った環境はこうも人をたくましくするんだなぁと思います。

それを考えると、ワタシが娘たちに残してあげられるのは、お金や物よりも経験や技術なのかなとも思います。

教育が一番だし、もちろんお金はあったほうがいいと思いますが、お金の使い方を知っているより、持っている知識や技術でお金の稼ぎ方を知っている人になってもらえたら理想だと。

「しない家事」の中にも出てきたワタシが入社して仕事の知識や技術を教わった研修の講師に、「結婚するならどんな人がいいんですか?」と、今考えたらとんちんかんな質問をしたことがありました。

そのときの講師の答えが「生きていく力のある人」。

当時は・・・??? でしたが、今はとても理解できます。

生きていく力さえあれば、何もなくなった最悪な状況がおきたときも心強いだろうなと思うのです。

災害がおきたり、無一文になってもどうにか生きのびる技術や知識がミニマリストに繋がっているのだと思います。

一方で、コレクター癖も持ち合わせています(笑)もう集めだしたら止まらない。

詳しくはわかりませんが、たぶん全種類持っているかと。。

ワタシにとっては不要なものなので心の中ではやれやれと思ってますが、迷惑がかからない程度に楽しんでもらえたら、それはどうぞご自由にと思います。

ーーーー

昨日のあさイチミニマリスト特集でしたが、実はワタシも取材に協力していて、今回のコンセプトとして、持たない暮らし=楽しい節約につなげたかったようです。

持たない暮らしは、節約になるかといったらそうとは言い切れない気もしますが、拝見していてみなさん共通して「生きる力」はお持ちなんじゃないかなと思いました。

“持たない”くらし=ミニマルライフ|NHKあさイチ

この放送をディレクターの方から聞いていて、cozy-nest 小さく整う暮らしのオズさんが出演されることを楽しみにしていました〜!動くオズさんを見られた方はおわかりになったと思いますが優しい雰囲気漂う素敵な女性だったかと思います。

大切なのは、家族と自分が何を大事にしていて、そのためにどこにお金をかけて、どこを締めるか決めていくかだと思います。

家計とお金に関して、オズさんとの対談は発売中のリンネル11月号に掲載中です。

売り切れているお店が多数あるようなので、気になった方はお早めにお手にとってご覧いただければと思います。

たまーには、こんなザ・定番の朝ごはんも食べたくなります。

市販の中では、フォロのドレッシングはとても美味しいと思います。