エコナセイカツ

不要なものは持たない、不要な家事はやらない。日々シンプルライフ。

スポンサーリンク

「しない家事」の舞台裏とお読みくださった方の感想

発売1週間で4刷となりました「しない家事」。 ワタシの元へたくさんの嬉しい感想が届きましたので、ご紹介します。

まずは、何と言ってもすばる舎編集のSさん(3歳の男の子を持つワーキングマザー)。

この本の最初の読者であるSさん。 編集の仕事って、たぶん相当きつくて(体力的に・ワタシは絶対にやれない職業)、仕事をご一緒しているワタシが辛かったというか、初著「持たないていねいな暮らし」でお世話になったので、Sさんのために作ろうと決めて書いた本でした。

しない家事は、お子さんがいて仕事と子育に本気で困っている編集者と一緒だったからこそ、作れた本だと思います。

仕事は好きなのに子育てとの両立がうまくいかないという理由で、仕事を辞めざるを得ない人を一人でも減らしたい!仕事柄、雇用創出のお手伝いをしていますが、意欲的に働く人が圧倒的に足りないのです!(人気・不人気と業界によって偏りがありますが)

女性にしかできない社会貢献は必ずあって、働き続けたいと思う人を増やすお手伝いができたら、そんな嬉しいことはありません。

〜しない家事、完成までの舞台裏〜

今回の本も初著同様、ライターさんは入れず、全て私が書いておりますが、お題を出すのは編集者の仕事。 ブログの場合は、タイトルも内容も全部自分で考えますが、本の場合は、何文字程度でこの内容を書いてくださいというところまでは出版社が考えるので、ワタシの仕事はただひたすらテーマに沿って事実を書くということになります。

本作りは著者であるワタシ以上に、編集者の着目点と取材力がかなり関わってくるなぁと思います。

しない家事の中で、「なんでもひとりでやろうとしてませんか?(P166)」という項目があります。

Sさんは全部自分が考えなきゃ!やらなきゃ!決めなきゃ!という責任感がある方だったのですが、今回の本の制作を通してもっと周りを巻き込んで仕事をする楽しさや良さを知ってもらいたいなー、「人に頼ること」を気軽にしてもらいたい、得意な人に思い切って任せると、迷う時間が減ってスムーズに仕事ができることを実感をしてもらいたい、そんな気持ちでお仕事をご一緒させてもらいました。

だから、今回いただいた感想はとても嬉しかったです。 制作途中からSさんのメールのレスが早くなったので、きっとP81「重要なことほどその場で対応」を参考にしてくださっているのかなーと思っています(笑)

ーーーーーー

ブロガーの皆さま、書評ありがとうございます!

www.mushiro-kitchenclinic.com

totokamomepan.hatenablog.com

coromi7464.hatenablog.com

yutori-simple.hatenablog.com

yasuka9981.hatenablog.com

www.cozy-nest.net

www.minorijinsei.com

lineblog.me

hokuohkurashi.com

mount-hayashi.hatenablog.com

ーーーーーーーー

以下、読者の皆様からの感想、抜粋版です。

【たまち様】 マキさんと同じ年で、5歳と2歳の娘がいます。参考になるところが沢山あり、特に、家事を中断して子供に向き合うところ、さっそく真似させていただこうと思います。 私は2人目出産の時に仕事をやめましたが、マキさんのブログを読んでいるうちに、仕事をしたいという気持ちが強くなり、秋から仕事を始めます。

【ゆっこ様】 私も3歳児を持つワーキングマザーなので、今回の本は発売と同時に買いました。 とても参考になることがたくさん書かれていて、特に子供に対しての向き合い方はハッとさせられることが多かったです。忙しさを理由に子供に優しくできないこともあったので…早速いろいろと生活に取り入れたいと思います。

【ふみえ様】 はじめまして。4歳、2歳、0歳の子を持つワーママです。ついつい仕事と家事でいっぱいいっぱいになってしまいますが、マキさんを見習ってこどもと向き合う時間を増やしたいと思いました。

【服部恵美様】 3歳の男の子の母です!マキさんが日常的にしてるん当たり前のことが、私にとっては学びでした!購入場所ごとにメモしたり、子どもの呼び掛けには先に応える。手を抜くときはとことん抜いてリフレッシュする。など……😭✨どれも「あー!なるほど!」と思うことなんですが、なぜか出来ていないことばかり。私のまわりにも、実践してる人がいるかもしれないけど、わざわざ聞いたりしないような細かい内容なので、こうして本にしてくださって、非常に分かりやすいです。この本は、今、私の悩みとなっている家事の効率化にピッタリでした!!

【tw0138様】 今回の「しない家事」に目を通して、自分は頑張ってマキさんの生活に寄ろうとしていた事に気がつきました。知らずして頑張っていたのかもしれません。もちろん今でも尊敬かつ憧れの女性です。でも、「しない家事」を読んでマキさんの気持ちがよ〜くわかりました。気持ちが楽になりました。疲れた時や休みの日はカップ麺対応でも良いんですよね(笑) 「しない家事」でマキさんがさらに身近に感じられました。そして、自分の中で何かがはじけたような気がします(^ ^)

【はるよ様】 マキさん、しない家事購入しました。私は主婦でも子供がいるわけではないですが、いつもマキさんに憧れます。しないというのはなかなか考えられず自分がジタバタしていたかわかりました。笑

【aki様】 1歳、4歳の姉妹をもつワーキングマザーです^ ^新刊を読みました!すごく良かったです。宝物にしたい本です。 日々忙しく、自分の時間がほしい…と、イライラしていました。子どもたちにもイライラしてしまい、こんなんじゃダメだ、でもどうしたら良いのかわからない…という感じでした。でもこの本を読んで、本当に大切にしたいのは子どもたちとの時間だって思い出しました。 私は料理が苦手で、掃除もつい後回しにしたくなります(。-_-。)でも、やっぱり子どもに栄養のある物を食べてもらいたいし、キレイな部屋が好きなんです笑 だから、それが出来てない状況にも心が重くなっていました。 でも発想の転換で、もっとラクに手軽に家事ができるんですね!常備菜も雲の上の話だと思っていたんですが、本の内容ならできそうです*(^o^)/

【joyjoy3109様】 しない家事、予約していてやっと今朝届きました!ポストをこんなに頻繁に覗く私に、子供が何事かと驚いていました。 一気に読みました。何故か涙がこぼれました。小4.小1.幼稚園年長の三人の子供がいて、一見経験値だけはある感じですが、日々家事育児に追われ、休日はソファに横になりながら容赦なく自分の要求を押し付ける旦那。 子供の大声。どっか連れて行ってコール 笑 色々悪循環で、日々が上手く回らない理由を誰かのせいにしたりお金がないから子供を楽しませられないと思ってみたり。。マキさんの本はそんな私にスッと入ってきました!忙しい時は、敢えてコーヒーを淹れてみたり自分を甘やかせながら家族の笑顔を守りたいと思いました!

【けいこ様】 しない家事、アマゾンで発売日にGETしました。参考になります。(ママではない主婦にもとっても参考になります)

【なる様】 6歳と2歳の息子をもつ専業主婦です。専業なのに毎日ばたばた、いらいらの日々。マキさんは働いているのに、素敵な生活ができてすごいなぁと思っていました。「しない家事」を読んで、自分にも取り入れられそうというか、自分なりに自分の方法で、自分なりの充実感のある生活を目指したいと思うようになりました。

【あやなな様】 私はパートなので、マキさんよりも全然時間はあるはずなのに、保育園から帰ってきたあとの2人の子供の、疲れもあっての構って攻撃をいかに誤魔化しながら夕ご飯の支度をするか!というモヤモヤがあったのですが、今回のマキさんの本での子どもからの声かけだけは後回しにしない、という項目を真っ先に読み、涙が出ました。ちょっと待ってねーを、何百回言ってしまってきたことか。。。まだまだ、すぐには出来ないこともありますが、子供達が声をかけてくれる時間を何より大切にしていこうと思いました。 しない家事、のしないは何のため?が明確で、この本とっても好きです。

【サチエ様】 16時時短勤務、3歳児の母です。毎日がしんどくて、まわりのママと自分を比べては落ち込み、仕事も生活も全部中途半端なのに、疲れはいつもマックス‼もうやだ、仕事辞めちゃおうかな~と思ってた矢先に出会った本でした。そして、やっぱりもう少し頑張ってみよう。頑張れるかもと思えました。

【おっさん様】 私は年は大分上ですが、参考になりました。そして、85ページの写真最高です❗私のツボです。かわいいデスネ💓

ーーーーーーーー

みなさま、嬉しい感想をありがとうございます。しない家事で仕事と家庭の両立を前向きにしていきたいと思ってくれる人が増えたことがよかったなーと思いました。働くママ以外の方に読んでもらえていることも新鮮でした。

このブログはラジオ番組のようなリスナーの皆さんと距離が近い場所にしたいと思っています。もし伝えたいメッセージがあればどしどし投稿してくださいね!お便りお待ちしています(笑)

そして!!! ワタシが勝手にお姉さんと呼んでいる大好きな方が遊びに来てくださり、直接感想をいただきました。いただいた多くの言葉は胸に秘めさせていただきますが、とってもとっても嬉しかったです。

メディアで拝見するより、とっても華奢で美人で、やっぱり憧れの存在でしたー!!将来の目標ができたというか、こんな風にしなやかなオーラを持つ女性になりたいなぁと思いました。

まず、黒のワンピースがめちゃくちゃ素敵だったので、そこからマネしたい(笑)

www.cozy-nest.net

ちなみにオズさんの持たないモノ、しないこと(3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計をラクにする方法P31)は、作家ものの凝った器、素敵すぎるインテリア、アートフラワーを飾る、年齢以上に若く見られる努力、とりあえず済ます外食、「毎日がごちそう」メニュー、延々と続くSNS・井戸端会議、iPhoneの画面をスクロールする時間 でした。

本当その人、そのご家庭で様々。いろいろな価値観があっていいと思います。

いただいた花束とクッキー。めちゃくちゃ美味しくてびっくりしました。皆さんも機会があったら是非食べてみて下さい!

鎌倉レ・ザンジュ【LESANGES】|焼菓子・ケーキの通販サイト

オズさんとの会話で、子育てがひと段落した主婦たちの再雇用問題や、未就学児を持つママたちのゆとりある働き方の提案が今後のカギだなーと改めて思いました。

もっとイキイキと働くママを増やすため、自由度が高い素敵な働き方を推奨している企業さまを心から応援しています!