読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコナセイカツ

不要なものは持たない、不要な家事はやらない。日々シンプルライフ。

スポンサーリンク

雑誌「無印良品のベストアイテム(宝島社)」掲載のお知らせ

宝島社から現在発売されております「無印良品のベストアイテム」に掲載していただきました。

無印良品好きにはたまらないムック本です。「家中すっきり暮らす 収納のアイデア帖」で無印良品を使った我が家の収納が4ページ載ってます。

無印良品の中で、オススメといったら麻ひもです。 荷造りにはもちろんですが、安いし、たくさん入ってるしで、我が家ではかなり色々使っています。

例えば、あじさいの鉢。

そのままの白い容器より、包装紙と麻ひもでなんとなくオシャレに見えます。

近所の花屋さんで買ったドウダンツツジ。こんなに立派な枝で1800円。観葉植物って意外といい値段しちゃうから、こうゆう枝物を買えば安上がり。

でも期間限定の大物植物を生けるためにわざわざフラワーベースを買う必要はないと思っています。

そこでドウダンツツジの包装紙と、無印良品の麻ひもの出番。

容器はパックスナチュロンの空ボトル(笑)

パックスナチュロンの詳細はこちら。

econaseikatsu.hatenadiary.com

ちなみに、今洗顔はこちらの石鹸を使っています。

基礎化粧品のいらない肌に! | [肌:断食] 京かえる

洗顔後、何もつけなくてもいい石鹸。でもワタシは肌断食はしていないので、化粧水つけちゃってますが。シャンプーにも使えるそうですが、ワタシはリンス不要の自然葉シャンプー。

化粧水と万能クリームの作り方、シャンプーについては著書「エコな生活」に記載があります。

話が飛んでしまいましたが、パックスナチュロンの空ボトルにドウダンツツジを生けたらこんな感じ。

玄関のフックも無印良品です。賃貸でもオッケーなのが嬉しい。

www.muji.net

ドウダンツツジは乾燥に弱い植物だそうなので、梅雨は育てやすいですね。

霧吹きでシュッシュとかけるのがいいと花屋のおじちゃんに聞いたので気づいたときに。

宝島社といえば、現在発売中のリンネル。太っ腹な付録に売り切れ続出で、ネットや本屋さんでは手に入らないそう。だから近所のコンビニやスーパーで見つけたらラッキーですね。

econaseikatsu.hatenadiary.com

今月号のなかでも、ワタシも参加させてもらっている旅おしゃれ着こなし帖が1番人気の企画だそうです。特集の概要はこちらから見れます。

機能性&着回しがカギ!ナチュラル派の旅ファッション | treasures(トレジャーズ)|デイリー宝島社オンライン

リンネルの場合、読者アンケート(抽選のプレゼントつき)はネットで行っていて、編集部の皆さんちゃんと目を通して今後の企画を考えたり、付録のアイディアのヒントをもらったりしているみたいです。

読者と作り上げる雑誌っていいなぁと思いました。今月の読者プレゼントは旅のグッズやお土産です。詳細は誌面で。

ワタシは来月号のリゾリヴァードもすごいと思っています。中身を見る

絶対手に入れたい方は今から予約をオススメします!

この朝ごはんプレートも無印良品。現在は形が変更になってます。