読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコナセイカツ

不要なものは持たない、不要な家事はやらない。日々シンプルライフ。

スポンサーリンク

働くママの気持ち

今日はワーキングマザーの記事です。

長女が書いてくれた絵。なんかクレヨンタッチって温かくって好きです。


この紹介する動画は、働くママであれば共感できる内容なので、是非ゆっくり時間が空いた時に1人で観て下さいね。

サイボウズさんが制作したPR動画。
関わった方は全て働くママだそうです。

感動して涙が止まりませんでした。
世の中の働いてるママさん、本当に毎日お疲れ様です。

今次女がインフルエンザにかかり、今週は仕事をお休みしなくてはいけません。
理解ある会社ゆえ、申し訳ない気持ちでいっぱい。

集団生活を送っていると避けられない病気はたくさんあります。
でも絶対に治るし、年々たくましく大きく育っていくものです。
なので、今は休みがちだったり、時短勤務だったり、長い目で人生を考えればほんの数年(一部)なんです。
だからその事で悩んでほしくないと思っています。

仕事柄、雇用創出をしているので
もっともっとワーキングマザーが気持ちよく働ける職場を増やしていきたいと微力ながら、企業様に働くママの魅力を伝えています。

また、今は専業主婦でも働きたい気持ちを持っている方はたくさんいらっると思います。

参照リクルート

子育てをしているママに向いている仕事はたくさんあるんですよ。
ママは多少想定外の出来事があっても臨機応変にそつなくこなすことができるからです。
子育は、予測不可能な出来事の連続なので、仕事の想定外なんて楽勝というわけです。
子どもというある意味難解な相手と毎日を過ごしているわけですから、相手の何気ない仕草や出来事から「類推」する力が自然と身につきます。
赤ちゃんが泣いている本当の理由なんて、わかりませんよね?お腹すいてるのかな、とママが推測してミルクをあげているんですよ。
この「類推」がお客様に向くと、いわゆる「空気のよめる人」になります。
お客様の表情やしぐさを自然と読み取り、気持ちに合った対応がさりげなくできるということにつながります。
お客様は社外の人だけではなく、社内も同じです。
ママはマネジメントも上手な方が多いですよ。

今両立を考えているママがいたら、
ワーキングマザーっていいですよ!
と胸を張って言いたいです。
ママの力に自信を持って下さい。
絶対、大丈夫です!!

一緒に頑張っていただける方、応援クリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ