読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコナセイカツ

不要なものは持たない、不要な家事はやらない。日々シンプルライフ。

スポンサーリンク

節約ヨーグルト

最近ハマっているヨーグルト。毎朝食べるようになって、消費量が多くなり、毎週末スーパーでブルガリアヨーグルトのお得パックを2つまとめ買いしていました。 地味に重いしかさばります。

食べ終わった後のゴミ処理も大変。一回洗って水気を切って。しかも潰しにくい。牛乳パックはリサイクルできるけどヨーグルトパックの回収はないのです。

そこで、エコでコストパフォーマンスが良いヨーグルトはないか、色々試していました。

それをクリアする方法としてヨーグルトを手作りするようになりました。

手作りといっても、牛乳1Lにケフィア菌を1袋入れて常温に24時間置いておくだけなので、とっても簡単。詳しい説明書が入ってます。

ケフィアは10本入りで1000円なので、1Lを作るのに100円かかります。

牛乳と合わせたとしても価格は抑えられます。 豆乳でもいけます。ただ無調整も試しましたが、絹ごし豆腐を食べているようでした(笑)

さらに牛乳を買わずにヨーグルトを作れないだろうかと、目をつけたのはスキムミルク

ケフィア、水、スキムミルクのみでヨーグルトができるのでかなり安上がりです。

作り方

1)水に対し500ml、スキムミルク大さじ10杯を溶かします。

2)スキムミルクを水で完全に溶かし、鍋を火にかけて攪拌しながら徐々に加熱し、沸き立つまで加熱します。

3)次に鍋を流水中に浸けて、攪拌しながら30℃程度に冷やします。

4)最後にケフィア菌を1/2スティック加えて、25℃で24時間発酵させてください。

作り方はこちらのサイトを参考にしました。1Lを牛乳パックで作る方は分量など参考になると思います。

スキムミルクでケフィアを発酵させる方法 - ホームメイド・ケフィアを好きな方のために

牛乳パックでも全然いいのですが、この素焼のヨーグルトメーカーで作ると水分が抜けるので、より濃厚なヨーグルトができます。 素焼なので壺からいい感じに水分が出るので受け皿を敷いておく必要はありますが。

昔からブルガリアの人は、素焼き壺でヨーグルトを手作りしているそうですよ。

こちらでちょうど500mlなので、市販のパックヨーグルトと同じだけ作れます。 詳細は素焼きヨーグルトメーカーを購入すると説明書がついてきますが、ケフィア菌を買わなくても、素焼壺+牛乳500ml+市販のプレーンヨーグルト小さじ5でヨーグルトができちゃいます。

スキムミルクでもヨーグルトは作れますが、牛乳で作るほうが失敗が少ないし味も安定的な感じ。

味にこだわるなら牛乳、コストにこだわるならスキムミルクです。

ヨーグルトを手作りしたいと思っている人は、今の気候が1番発酵しやすいと思うのでぜひチャレンジしてみて下さいね。

そのまま食べても十分美味しいですが、美味しい食べ方はドライフルーツを入れること。これはドライイチヂクを細かく刻んで入れてます。

あとはドライマンゴー。これは訳ありの切れ端なので、ヨーグルトに入れるにはちょうどいい大きさです。

水っぽくできたヨーグルトはドライフルーツとスキムミルクを入れて一晩おけばもったり濃いめの味になるのでオススメです。

ヨーグルトは発酵食品です。ダイエット、美容、お通じ、カルシウム補給といいことづくめ。 毎朝取り入れる習慣をつけたいところです。

今日の朝ごはんも、もちろんヨーグルト。

おにぎらずの具は人参たらこ。

いつもお読みいただきありがとうございます。次の更新楽しみだという方は、下のロゴバナーをクリックいただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ