エコナセイカツ

不要なものは持たない、不要な家事はやらない。日々シンプルライフ。

スポンサーリンク

ファッションの目的と、服えらび

今のワタシが洋服に求めるのは、ただ1つ「毎日を快適に過ごせること」。

寒くてもダメ、暑すぎるのもダメ、ゴワゴワしなくて、洗濯が簡単で、動きやすくて軽い。

ワタシが洋服を着る目的は、毎日のオシャレを楽しむことじゃなくて、家事・育児・仕事のパフォーマンスを上げること。3つのことがクリアができる服が、私の中で最高です。

f:id:econaseikatsu:20180307114907j:plain

オシャレに興味がないわけじゃないけど、ファッションへの優先順位が低いから、そこまで時間と気持ちが回らないというのが正直なところ。だから、買うときが勝負だと思っていて、パッと着れて、バシッと決まる服を選んでいます。

ワタシの服選びのポイントやコーディネートをフェリシモさんのサイトで特集していただきました。

www.niau.jp

www.niau.jp

www.niau.jp

続きを読む

お値段以上、ニトリ。我が家のニトリ愛用品

3月8日はミモザの日です。FESTA DELLA DONNA ~ミモザの日~|ラ チッタデッラ

現在発売中の「ニトリでかなえるゆとりのある暮らし 」で我が家のニトリ愛用品を紹介していただきました。


実は我が家には、隠れニトリがたくさんあるんです。

インテリアの家具類はウォールナット材で統一していますが、ニトリに行けば大物から小物までウォールナット材の品ぞろえが豊富。

本誌ではウォールナット材の愛用グッズを紹介させていただきました。

続きを読む

雑誌「くらしラク〜る♪」掲載のお知らせ

2月10日発売のくらしラク〜る♪3月号に掲載していただきました。

「しない家事」練習帳という特別企画で9ページのカラー大特集となります。

しない家事の3原則は、

1、この作業は本当に必要?と考えてみる

2、物は少なく

3、定番化する

とワタシは考えています。

続きを読む

セミナーお申し込み「豊かに暮らすためのお洋服との付き合い方」@フェリシモ本社

現在、大手通販サイト「FELISSIMO フェリシモ」さんとコラボしてお洋服をつくっておりまして、それに先駆けて「豊かに暮らすためのお洋服との付き合い方」という内容でセミナーをさせていただくことになりました。

f:id:econaseikatsu:20180123103428j:plain

【日時】2018年2月10日(土)14~16時

【場所】フェリシモ本社(兵庫県神戸市中央区浪花町59 神戸朝日ビルディング21階)

地図→FELISSIMO 本社オフィス地図

【アクセス】神戸市営地下鉄三宮駅」下車 西1番出口より…徒歩約5分

【参加費】無料

※お子さま連れでのご参加も可能です。  (イベント会場の同じフロアにお子さまスペースがあり、フェリシモスタッフといっしょにお過ごしいただけます)

お申し込みヘージはこちら↓

2018年2月10日 リブ イン コンフォート 春商品のおひろめ会&特別セミナー | フェリシモ コンテンツ | フェリシモ

※ご応募締切:1月26日(金)23:59まで

※ 応募者多数の場合は、「抽選」とさせていただきます。ご了承ください。

※当選された方にのみ、締め切り後、フェリシモスタッフから当選メールをお送ります。

続きを読む

書籍「わたしのお金ルール」掲載のお知らせ

1月19日発売の書籍「わたしのお金ルール」の巻頭に8ページ掲載していただきました。

テーマは「お金」

ワタシのものすごく苦手な分野です。

苦手だからこそ、ストレスなく続けられる「迷わない&考えない」お金のルールを作りました。

ワタシなりの工夫を取材していただきました。

続きを読む

今年の目標は「子どもの教育」

あけましておめでとうございます。あっという間の冬休みが終わり、本日から日常に戻ります。

今年の目標は「子どもの教育」です。

下の子がもうすぐ5歳になるので、なんとなく育児がおわってしまった気がしています。 ワタシがお世話らしいお世話をしなくても1人で身の回りのことはできるようになってしまったので、今度は「育てる」の質をレベルアップさせて「教育」のほうにシフトしていきたいなと目標にしました。

続きを読む

理想のお母さんって?

f:id:econaseikatsu:20170831212352j:plain

誰しも理想のお母さんってあると思います。

・怒らないお母さん

・いつも笑顔のお母さん

・子どもの話を聞けるお母さん

実際は、理想と現実が違いすぎてヘコむ日々が多い。だから苦しむんですよね。

でも、思い描いている自分の理想と実際自分がする現実の差が小さければ小さいほどへこまなくても済むかもしれないなと思うんです。

例えば、

・叱るときは、低くて静かな声で。

・子どもと目があったときに、口角を上げる。

・学校や保育園からの帰り道、給食の話をする。お風呂に浸かってる間、今日何で遊んだか聞く。

漠然と考えると、行動に移せないことが多いけど、こんな風に具体的に決めるとできそうな気がしませんか?

続きを読む